個人情報保護方針について
業務のご案内
事務所概要
事務所通信
採用情報
お問い合わせ
文書作成日:2017/06/22
未届有料老人ホーム、1,207件に減少

 厚生労働省は3月21日、有料老人ホームを対象とした指導状況等のフォローアップ調査の結果を公表しました。

 これによると、平成28年6月30日時点で届出されている有料老人ホームは11,739件(前年度10,627件)、未届の有料老人ホームは1,207件(前年度1,650件)となりました。

 また、前払金の保全措置が義務付けられている平成18年4月1日以降に設置された有料老人ホームのうち、前払金を徴収しているのは1,311件で、保全措置を講じていない有料老人ホームは53件(前年度77件)ありました。


 この結果を踏まえ、厚生労働省は同日、全国の指定都市、中核都市、都道府県に対し、届出の促進と保全措置に関する指導監督の徹底を呼び掛ける通知を発出しています。

 調査結果の内容等は、以下のサイトで公開されています。


厚労省「「有料老人ホームを対象とした指導状況等のフォローアップ調査(第8回)」結果」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。