個人情報保護方針について
業務のご案内
事務所概要
事務所通信
採用情報
お問い合わせ
文書作成日:2018/02/15
平成28年度の指導・監査による返還は約89億円

 厚生労働省より、平成28年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況(概況)が公表されました。

 これによると、平成28年度での指導・監査等件数は次のとおりです。

  1. 個別指導件数:4,523件(対前年度比120件増)
  2. 新規個別指導:6,173件(同比322件減)
  3. 適時調査:3,363件(同比801件増)
  4. 監査:74件(同比16件減)
 取消となった保険医療機関等は27件で、うち指定取消が17件、指定取消相当が10件です。原因のほとんどを不正請求(架空請求、付増請求、振替請求、二重請求)が占めています。

 一方、取消となった保険医等は21人で、うち登録取消が19人、登録取消相当が2人でした。

 保険医療機関等に返還を求めた額は約89億円で、前年度より35億4千万円の減少となっています。

 詳しくは以下のサイトでご確認ください。


厚生労働省「平成28年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。